横浜市・公立大学法人横浜市立大学・一般社団法人横浜市歯科医師会
rss
お問い合わせフリーダイヤル 0120-814-594

放射線治療を受けられる方へ

これから放射線治療をうける方へ

放射線治療では、がん細胞に放射線をあてて殺します。できるだけがん細胞だけに放射線があたるようにしていますが、周りの正常な細胞にも放射線があたってしまうのを完全に避けることはできません。口腔の周りの細胞はもともと放射線の影響をうけやすいタイプの細胞のため、放射線治療の効果とともに口腔内の正常な細胞もダメージをうけます。そのダメージの結果、様々な副作用が現れます。

放射線治療によるダメージ

ワンポイント

口腔ケアで副作用予防を!

専門的な口腔内のケアを行うことが副作用の重症化を防ぐことに役立ちます。

歯科では・・・

    1. 治療に問題となることがないか、口腔内をチェックします。
    2. むし歯や歯周病の検査をし、問題があれば治療します。
    3. 口腔内の専門的なクリーニングを行います。
    4. 口腔内の衛生管理方法(セルフケア)を、患者さんの状態に合わせて指導します。
    5. 放射線治療終了後も長引く副作用があるため(唾液減少など)、定期的な歯科受診が必要です。