横浜市・公立大学法人横浜市立大学・一般社団法人横浜市歯科医師会
rss
お問い合わせフリーダイヤル 0120-814-594

がん医科歯科連携とは

がん医科歯科連携の仕組みって?

入院・手術をうける場合のがん医科歯科連携の仕組みです。

がん医科歯科連携の仕組み

がん治療をうける病院の主治医より登録歯科医院を紹介

がん治療をうける病院主治医が歯科受診を強くすすめ病院が登録歯科医院を患者さんにご紹介します。

がん治療をうける病院からもらった「診療情報提供書」を持って、歯科医院へ

主治医による「診療情報提供書」を持って、患者さんが歯科を受診します。
連携歯科医院歯科医院では・・・

    1. 歯石取り、クリーニング、歯みがき指導で口のなかの清掃を徹底します。
    2. むし歯などの炎症がある場合は応急処置を行います。
歯科医院からもらった「連携表」を持って、がん治療をうける病院へ

がん治療をうける病院歯科でのケアや処置について記した「連携表」を患者さんが病院に持参し、手術を受けます。

がん治療を受ける病院を必要に応じて受診
がん治療をうける病院からもらった「診療情報提供書」を持って、歯科医院へ

術後経過や処置をする際の注意点が書かれた「診療情報提供書」を患者さんが歯科医院に持参します。
連携歯科医院歯科医院では・・・

    1. 口腔ケアを継続し、新たなむし歯や口内炎を予防します。
    2. 抗がん剤治療や放射線治療(頭頸部)による口内炎の治療をします。
    3. 手術前に応急処置をした治療を終わらせます。
    4. 口の乾燥症状を和らげる処方やアドバイスをします。
歯科医院からもらった「連携表」を持って、がん治療をうける病院へ

がん治療をうける病院歯科でのケアや処置について記した「連携表」を患者さんが病院に持参します。
外来で経過観察を継続したり、または外来で通院治療を受けます。